My diary

子宮腺筋症を抱え流産を経験し、腺筋症と向き合うためののブログ。

健康検査申請してきました


市から助成される健康検査助成の申請へ行ってきました。


母子手帳

印鑑

領収書


をもって。


海外で妊婦健診を受けていたので、支給されるか不安でしたが、

流産前までの検査費用のみ助成されるらしいです。


検査回数は

5回で5万弱かかったので、

助成されるなら助かります。



結果4.4万円助成される様でした。


お薬代は助成外だそうです。


振込は一ヶ月後とのこと。


海外だとこのような日本での助成制度が使えるかどうか不安ですが、

どうやら私の市は使えるようでした。


あとは手術、入院、などの費用が保険でどれくらいカバーできるのか不安ですが、ただいま申請中です。

ちなみに、申請には、日本と同じで診断書の提出やら色々必要ですが、

表記もすべて英語だったので、私にはとても大変でした。

ほとんど夫任せになってしまい…

把握できてなかったので、

のちのち困りました。

私の入院した病院には日本人ヘルプデスクがありましたので、

そちらの方が保険に提出用書類の翻訳を1日でしてくださり、大変助かりました。   この方が居なければ自分でやらなければ…と思っていたので、感謝しています。


なにはともあれ、

申請の面倒さに加え、

書面による「流産」の文字や、

各窓口の方に

流産しまして…と説明するつらさ…。   

ドクターに記入してもらうために訪れた病院では、私と同じ時期に通っていた方が何人も順調そうに通っていらっしゃるのを見るのが辛かったです。


市役所の窓口でも、

横に赤ちゃんを抱いた方が夫婦で申請されていました。

その方の申請書類と母子手帳は

健診日の欄が文字で真っ黒。 


私の申請書類と母子手帳は

真っ白でスカスカ。


これは少し泣きそうになりましたが、堪えました。。。



とにかく保険関係を早く終わらせたい。


海外在住者にはとても

面倒ですが、

領収書は絶対に丁寧に保存しておきファイリングしておくといいですね。   

あと海外の病院はのんびりな方も多いので早めに行動したほうがいいですね!(^ ^)